ひとりごと

日本を離れる時にスーツケース2つ(今考えると多過ぎる)でやってきた私。
当時は約1年タイ語の勉強をしたら帰る。という予定でした。
でも、気がつくと仕事をしていて、最初の予定と大きく変わっていました。

今思うと、あれは予定は完全に未定で、もうすぐタイに暮らして3年が経とうとしています。
大量の荷物も今思うとなんであんなに多かったのだろうと思ってみたりして。
でもそれでもどうしても持ってきたかったのは本でした。

私の読書好きは小学校2年生の時の担任の先生のお陰だと今だに感謝しているのです。
先生は読書は一生の宝物だと言っていました。
本を読んで考えることをしてみなさいといっていたなぁ。

で、日本からもってきた本の中によしもとばななのアムリタがある。
なんだかこの本はすごく好きで定期的に読み返しています。
そのサイクルが又最近やってきて、寝る前に読むのだけど、前回読んだ時よりも言葉の言い回しとか、そーゆーところが気になっている今回。


うちのネット環境が今よくなくて雨が降るとつかえない w ので自然と読書の時間が増えているこのごろ。
タイの雨季はしばらく続くけど、夜は涼しいし、読書もできるのでなんだか最近いい感じです。


明日からタイは4連休。
わたしはバンコクに住む友達と雨だけど、海へ出かけてきます。
もちろん仏教の祝日なのでお寺にも行って来ます。
[PR]